ホームジム 筋トレアイテム

筋トレグローブは必要?効果や選び方を解説!ハービンジャーがおすすめ!

筋トレ初心者

筋トレにグローブって何のためにつけるの?

効果があるなら、筋トレグローブの選び方のポイントを教えて!

おすすめはどれ?

ということで、今回はトレーニンググローブをつけることによって得られる効果や、トレーニンググローブの選び方について解説していく。

この記事を書いている俺は、自宅にホームジムを作って、日々細マッチョを目指して筋トレしているホームトレーニー4年目。

そんな俺が実際に愛用していて、おすすめできるトレーニンググローブがハービンジャーのというメーカーのもの。

トレーニンググローブ選びに迷ったら今から紹介するハービンジャーのトレーニンググローブを選んでおけば間違いなし!

筋肉を付けたいならプロテインを飲もう


フィットネスブームで色々なプロテインやサプリメントが増えている中、「味」、「コスパ」共に最もおすすめできるメーカーがマイプロテイン。

プロテイン1杯で約20gのタンパク質を手軽に摂取できて、忙しい朝などにおすすめ!

実際に俺自身も毎日プロテインを飲んで効果を実感し、日々充実した毎日を送らせてもらっている。

誰もが見とれるボディを手に入れたいなら、プロテインを飲んで、効率よくボディメイクをしよう!

\ここをクリック/

マイプロテインの公式サイトはこちら

味も美味しくてコスパ最強

トレーニンググローブの効果

筋トレグローブの効果

トレーニンググローブの効果って大したことないんでしょ?と思っている人もいるかもしれないけど、そうではない。

商品化されているということは、必ず使うことによって得られる効果がある。

だから、俺が感じたトレーニンググローブを使って感じた効果についてまとめておく。

  • 手のひらの保護
  • 滑り止め効果があってグリップ力も上がる
  • モチベーションが上がる

手のひらの保護

筋トレをする時ダンベルやバーベルを使うと思うんだけど、これらの鉄の棒にはローレット加工がされえている。

こんなやつ。

バーバルのローレット

このギザギザが手に刺さって、筋トレ初心者は痛みを感じて思うように筋トレができないことがある。

でも筋トレグローブをつけることによって、痛みを感じることなく筋トレに集中できる。

また、手のひらに豆ができて痛いという人にもおすすめ!

だから、筋トレグローブを着用することで、手の平を保護することができる。

滑り止め効果があってグリップ力も上がる

グリップ力

夏の暑い時期など手に汗をかくという人は、筋トレグローブをつけよう。

かくいう俺も手の平の汗が尋常じゃない。

でも、筋トレグローブをつけることで、汗ですべることなく安全に筋トレをすることができる。

また、筋トレグローブはグリップ力もあって、扱う重量も上がるから筋肥大間違いなし!

モチベーションが上がる

バーバルプレート

なんどもいうけど、筋トレにおいてモチベーションはとても大事。

テンションが上がらずに、「今日は筋トレは休みにする」という恐ろしいことがおきると大変。

でも、お気に入りの筋トレグローブをつけることで、モチベーションが上がって今すぐにでも筋トレがしたくなるはず!

トレーニンググローブの選び方

筋トレグローブの選び方

じゃあ、どんなグローブを選べばいいの?という人のために、トレーニンググローブをい選ぶ際のポイントを紹介しておく。

トレーニンググローブを選ぶ基準は

  • グローブの厚さ
  • グローブの素材
  • サイズ
  • 洗濯ができるか
  • デザインと色

ここから詳しく解説していく。

グローブの厚さ

グローブの厚さ

トレーニンググローブと言っても、色々な種類があって、グローブ自体の厚さが厚いものから、薄いものまでたくさんある。

で、俺がおすすめするのはグローブの厚さが厚いものだ。

なぜかというと、ベンチプレスなどのプッシュ系種目になると、手の平自体にかかる重さが尋常じゃない。

そうなると、厚さが薄いものだと手の平の豆防止にはなるとは思うけど、手の平の保護にはならない。

グローブの厚さが厚い分クッション性が上がって、筋トレ効率がグンと上がる。

だから、トレーニンググローブを買うときは、生地の厚いものを選ぼう!

グローブの素材

素材も色々ある。

グリップを重視したゴム製のものから、蒸れ防止に特化したメッシュタイプのもの。

また、生地の耐久性抜群の革製のものまで幅広い。

素材はそれぞれにメリット・デメリットが存在するから、こればかりは好みななると思う。

で、後から紹介するんだけどけど、俺のおすすめはハービンジャーのもの。

グローブの素材

とりあえず、このハービンジャーを買っておけば間違いはない。

ほんとおすすめ。

サイズ

サイズ

トレーニンググローブのサイズはジャストサイズを選ぼう!

なぜなら、手のサイズに合っていないと、遊びが出てグリップ力が落ちてしまう。

一番の理想は試着して選ぶのがいいけど、それができないという人はしっかりと自分の手のサイズを測ってから買うようにしよう。

洗濯できるか

洗濯

筋トレで使う以上汗の匂いが発生してしまう。

特に夏場は使った後は、しっかりとお手入れしてあげないと、次回使うときにえらい匂いがすることになる。

だから、購入のポイントとして、洗濯できるか、できないかをチェックしよう。

デザインと色

デザイン

デザインはモチベにも関わってくるから、自分の好みのデザインを選ぼう!

後、色は黒色を選んだほうが無難。

というのも、使い込んでいくうちに汚れ自体がとれにくくなってくるから。

だから、汚れが目立たない黒色がおすすめ!

トレーニンググローブはリストラップ付もある

あと、紹介しておくものがある。

それが、リストラップ付のトレーニンググローブがある。

リストラップって何?という人のために簡単に説明しておくと、手首を保護するためのアイテム。

リストラップについては≫≫【FERRY(フェリー)リストラップレビュー】筋トレ初心者におすすめ!コスパ最強で詳しく解説しているから、筋トレ初心者の人は参考にしてほしい。

FERRYのリストストラップレビュー
【FERRY(フェリー)リストラップレビュー】筋トレ初心者におすすめ!コスパ最強

筋トレ初心者こそ筋トレギアを活用したい。そこで激安で買えておすすめのリストラップを紹介する。リストラップをすることによって手首が保護されて怪我防止になるし、かっこいいから筋トレのモチベーションも上がること間違いなし。

続きを見る

で、リストラップ付のトレーニンググローブなんだけど、俺は使ったことがないからなんとも言えない。

すみません。

そんな俺は、リストラップを巻いた上で、トレーニンググローブを着用している。

トレーニンググローブとリストラップ

トレーニンググローブとリストラップは共存できるから、すでにリストラップを持っている人はトーニンググローブと合わせて使うことで、さらに手の平から手首まで全てカバーすることができる。

ちなみに、リストラップとリストストラップと非常に名前の似たものがあるけど、間違いないように!

リストストラップは握力補助のアイテムだからリストラップとは用途が全く違う。

リストストラップについては≫≫リストストラップの効果!巻き方と使い方!デッドリフトの重量を上げる!の記事を参考に。

リストストラップの使い方巻き方
リストストラップの効果!巻き方と使い方を解説!デッドリフトの重量を上げる

リストストラップって何?という人必見。ホームジムで細マッチョを目指し、筋トレ3年目の俺が効果的使い方から使うべき理由等を説明していく。

続きを見る

パワーグリップとリストストラップどっちがいい
パワーグリップとリストストラップはどっちがいい?違いを解説

パワーグリップとリストストラップってあるけど、違いは何?どっちがおすすめ?この記事ではそれぞれの良いところ、悪いところを紹介しながら、違いを解説します。筋トレ初心者がこの記事を読むことで、パワーグリップとリストストラップこちらを買えばいいかがわかります。

続きを見る

トレーニンググローブはハービンジャーがおすすめ

筋トレぐローブはハービンジャーがおすすめ

今から実際に俺が愛用しているハービンジャーのトレーニンググローブを紹介していく。

ぶちっやけ、このハービンジャーのグローブを買っておけば間違いはない。

グローブの作りから、耐久性、そしてデザイン。

あとコスパ。

どれを取ってもおすすめできる。

まずは造りなんだけど、マジで頑丈。

今このグローブを使い始めて1年くらい経つんだけど、破れる気配ゼロ。

素材はメッシュ素材と革製を採用している。

手の甲側はメッシュ素材。

手の甲側はメッシュ素材

そして、手の平側は革製となっている。

手のひら側は革製

また、破けやすいところや、実際に負担がかかるところがしっかりと補強してあるから、ガンガン使っても大丈夫。

手の平の補強

また、グローブ自体も厚みがあるから、ベンチプレス等をしても痛みを感じない。

グローブの厚さ

そして、グリップ力もしっかりとあるからとてもおすすめできる。

グリップ力

俺がガンガンほぼ毎日のように使って、少し劣化したところと言えば、親指の付け根くらい。

劣化と言っても、少し裁縫がほつれただけ。

裁縫のほつれ

リスト部分のマジックテープは全くの劣化なし。

劣化なし

使い勝手も抜群にいいから、ほんとおすすめ!

ハービンジャーのトレーニンググローブのサイズ感と着用感

俺が使っているハービンジャーのトレーニンググローブのサイズはMサイズ。

だから、俺と同じ手のサイズ感の人はMサイズを買っておけば、ジャストで着用することができる。

メッシュ素材だから、汗をかいても通気性抜群。

メッシュ素材は通気性抜群

手の平側は革製で耐久性、ホールド性、グリップ性抜群。

耐久性抜群

ちなみに俺の手のサイズを計測した結果は≫≫king2ringパワーグリップ!サイズの選び方からつけ方&使い方を解説!で詳しく書いているから、参考にしてほしい。

背中を鍛えるためには必須のパワーグリップは絶対に手に入れておこう!

king2ringのパワーグリップ!つけ方から使い方まで解説
King2ringのパワーグリップ!サイズの選び方からつけ方&使い方を解説!

パワーグリップってなんで使うの?おすすめは?そんな人のために筋トレ歴3年の俺が、パワーグリップの効果から使い方までを詳しく解説します。さらにサイズ選びで失敗しないように、選び方の基準も説明します。

続きを見る

俺の愛用しているハービンジャーのグローブのサイズ展開はSからXLサイズまで用意されているから、どんな手のサイズの人でも対応できてすばらしい。

筋トレ初心者こそトレーニンググローブを使おう

筋トレ初心者こそトレーニンググローブを使おう

痛みを我慢しながらする筋トレは意外とキツイ。

手の豆とは地味に日常生活に支障をきたすから、ほんと勘弁。

でも、トレーニンググローブを活用することで、そんな痛みとはおさらばできる。

また、手の平も綺麗に保っておきたい女性などはトレーニンググローブは絶対につけたほうがいい!

-ホームジム, 筋トレアイテム
-,